HOME > 私たちの仕事 > 線路の安全を確認する

確認車

365日、
東海道新幹線の始発列車運行前に
安全運行の可否を確認する保守用車

夜中に行う作業終了後、東海道新幹線の全線(東京~新大阪)約515㎞を複数の確認車が走行し、作業や工事後の忘れ物はないか、線路内に異常がないかなどを、人の眼とセンサにより入念に点検しています。いわば東海道新幹線の1日が、いつも通りに始まるかどうかを確認する「最後の砦」です。

働くひと

確認車業務及びマルタイ作業における重要性

オペレータ 平井 潤

確認車業務は、東海道新幹線がいつもどおり始まるかどうかを確認する「最後の砦」。重要な業務に携わっているからこそ、業務が無事完了した時は、日々の達成感もひとしおです。

職種・社員紹介を見る