職種・社員紹介

ホーム > 採用情報 > 職種・社員紹介 > オペレーター:阿部 政人

新幹線のレールを運ぶ重み。

オペレーター
288トンのレールを運ぶ間は、一瞬も気が抜けません。

輸送車にレールを積んで現場まで運び、下ろすまでが私たちの仕事です。1回の輸送で、150メートルの長さのレールを最大32本、288トンもの重量物を運びます。8名で行う夜間作業のため、時間配分や人の動かし方にとても気を遣います。しかも、輸送車は全長230メートルもあり、ほかの保守用車よりも速く走ります。線路の作業員たちに危険をおよぼさないよう、一瞬たりとも気が抜けません。こうして、緊張感を保ち作業を終えたときには、とても達成感を感じます。責任は重いですが、日本の大動脈である東海道新幹線のレールを運べるのは誇りだと思っています。

仕事がすべてにならないよう、興味を幅広く持って楽しんでいます。

出張で家を留守にすることが多いので、休日は2人の娘と、できるだけ一緒に遊ぶようにしています。仕事に出かける時に、娘たちに笑顔で見送られると、「今日もがんばろう」という気持ちになりますね。また、私自身の趣味は、イラストレーターの展覧会や音楽のライブなどへ行くことです。興味を幅広く持ち、「おもしろそうだな」と思うことを積極的に楽しんでいます。仕事は好きですが、それだけがすべてにならないよう、つねにいろんなものに目を向けたいと思っています。

※掲載内容は、取材当時のものです。

阿部政人
ロングレール輸送車オペレーター 阿部政人 平成6年4月入社
先輩社員からのメッセージ

いまは、熱中していることに一生懸命になってほしいですね。

専門的な知識がなくても、働きはじめてから覚えればよいことなので、いまは熱中するものに一生懸命になってほしいと思います。また、先輩の社員たちはアットホームで、あたたかい人たちが多いので、居心地がよく、働きやすい職場ですよ。