ロングレール輸送車

支えるチカラ ~1分で分かる日本機械保線~ Flash

支えるチカラ ~1mmにこだわる編~ 動画

誇りと責任(企業理念)

キャリアプラン紹介

業務内容インデックス

軌道検測
ドクターイエロー
ドクター東海
レール探傷車
軌道工事
マルタイ・道床整理車・道床安定作業車
レール輸送・レール削正
レール削正車(スペノ)
ロングレール輸送車
検査・修繕・製作
検査・修繕
製作
保線コンサルタント
技術開発サポート
会社案内ダウンロード

ホーム > 業務内容 > レール輸送・レール削正 > ロングレール輸送車

ロングレール輸送車

全長230mのレール輸送専用車輌

新幹線のレールは、一定期間で交換が行われます。この交換されるレールを浜松にあるレールセンターから東海道新幹線全線(東京~新大阪間)に亘って運ぶ車両が、ロングレール輸送車です。ロングレール輸送車は、150mレールを最大32本積むことができ、全線に亘って交換用の新レールの運搬・古レールの回収に使用されています。編成長は230mあり、輸送車の前端・後端どちらからでも新レールの取り卸し、古レールの積み込みができるのが特徴となっています。

image
image

150mレールを中間台車に上段・下段で16本ずつ積載。
最大積載時(32本)には、288トンにもなります。

レール巻き取り装置を操作する制御室。
毎分50mでレールを巻き取ることができます。

image
image

輸送車の前端・後端のどちらからでも新レールの取り卸し、古レールの積み込みができる構造になっています。

Face of Operator

チームワークが求められる。 ロングレール輸送車オペレーター 阿部 政人

東海道新幹線 東京から新大阪までのレールは、全て私たちが運びます。作業は夜間の限られた時間の中で行うため、なによりもチームワークが大切です。

阿部さんのインタビューはこちら
image
image