マルタイ・道床整理車・道床安定作業車

支えるチカラ ~1分で分かる日本機械保線~ Flash

支えるチカラ ~1mmにこだわる編~ 動画

誇りと責任(企業理念)

キャリアプラン紹介

業務内容インデックス

軌道検測
ドクターイエロー
ドクター東海
レール探傷車
軌道工事
マルタイ・道床整理車・道床安定作業車
レール輸送・レール削正
レール削正車(スペノ)
ロングレール輸送車
検査・修繕・製作
検査・修繕
製作
保線コンサルタント
技術開発サポート
会社案内ダウンロード

ホーム > 業務内容 > 軌道工事 > マルタイ・道床整理車・道床安定作業車

マルタイ・道床整理車・道床安定作業車

image
ミリ単位で線路の線形整正を行うマルタイ

線路上を列車が走ることで生じる線路のゆがみをミリ単位で線形整正を行う大型保線用機械がマルチプルタイタンパー(通称:マルタイ)です。マルタイは、作業装置で線路を持ち上げ、左右方向に移動させ、まくらぎ下の道床を高圧力でつき固めることにより、1㎜単位で線路の線形を正しく整え、列車の快適な乗り心地を維持しています。

image
image
道床整理を効率化させた道床整理車

マルタイがつき固めた後に、道床バラストの掻き込み、整理作業を行う大型保線用機械が道床整理車です。道床整理車は、マルタイによる線形整正作業後の道床の形状などを整え、ブラシによりレール内外のバラスト清掃も担当しています。道床整理車の導入により、マルタイ作業後の道床整理が大幅に効率化されました。

大型回転ブラシにより、マルタイ作業後のバラストを清掃します。

image
線路状態の安定化を図る道床安定作業車

道床バラストの交換工事などの翌日には、営業列車の走行により道床に初期沈下が生じこれにより線路のゆがみが発生する場合があります。この初期沈下を抑えるために導入されたのが道床安定作業車です。マルタイ・道床整理車による作業の後、振動により道床に初期沈下を与え線路状態の安定化を図り、工事翌日の「のぞみ」285km/h走行に貢献しています。

振動により、道床を強制的に沈下させ・線路状態を安定させます。

image

1㎜単位での線形整正ですから、電気回路の点検も大切な仕事です。

線路の線形をミリ単位で整正していく大型の保線用機械が作業する現場は、すごい迫力です。

image
image

責任ある仕事なので、気が抜けません。
オペレーションは慎重に。

満足いく線路に仕上がった後の達成感はやっぱり格別ですね。

image
Face of Operator
正確・丁寧に仕事を行う。 マルタイオペレーター 佐々木 直人

マルタイオペレーター 佐々木 直人

作業の仕上がりは検測器でチェックしますが、目視でも確認を行います。実際に線路を見て、はじめてわかることがあるからです。この仕事には、そんな職人技のような奥深さがあります。

中村さんのインタビューはこちら

業務を学び続ける姿勢を崩さない。 マルタイオペレーター(新幹線) 木村 隆太

マルタイオペレーター(新幹線) 木村 隆太

作業は、深夜の限られた時間内に安全を第一に考えながら品質の良い線路を作り上げる責任のもとで行っています。その中でいかにお客様に快適な線路を提供するか、常に業務を学び続けています。

真杉さんのインタビューはこちら

 
安全のために、目の前の業務を全力で行う。 マルタイオペレーター(新幹線) 玉井 洋輔

マルタイオペレーター(新幹線) 玉井 洋輔

マルタイ作業には、オペレーターの他にも様々な作業があります。どんな作業も新幹線の安全に直接関わるので気を抜けません。目の前にある事を一つ一つ確実に取り組んでいくことが大切です。

杉江さんのインタビューはこちら

微妙な加減や繊細さも必要。 マルタイオペレーター(在来線) 望月 敬宏

マルタイオペレーター(在来線) 望月 敬宏

在来線では、踏切や橋などの構造物が多く、マルタイで作業できるのはその前後までです。構造物付近では線路に段差ができないように、接続箇所に対して微妙な加減や繊細さも必要とされます。

望月さんのインタビューはこちら