線路はゆがむ

支えるチカラ ~1分で分かる日本機械保線~ Flash

支えるチカラ ~1mmにこだわる編~ 動画

誇りと責任(企業理念)

キャリアプラン紹介

高低狂い
通り狂い
水準狂い
軌間狂い
平面性狂い

ホーム > 線路はゆがむ

線路はゆがむ

24時間365日、多くの列車が直上を走行する線路は、様々な条件によりゆがみが生じます。これを「軌道狂い」と言います。
「軌道狂い」には、次の5種類があります。

「高低狂い」「通り狂い」「水準狂い」「軌間狂い」「平面性狂い」

ここでは、この5種類の「軌道狂い」について説明します。

高低狂い
image

高低狂いとは、レール頭頂面の長さ方向の凹凸をいいます。
高低狂いの測定は、一般的に10mの糸をレール頭頂面に張り、その中央部におけるレールと糸との垂直距離によって表します。

通り狂い
image

通り狂いとは、レール側面の長さ方向の凹凸をいいます。
通り狂いの測定は、一般的に10mの糸をレール側面に張り、その中央部におけるレールと糸との水平距離によって表します。
曲線部においては曲線半径による正矢量※1を測定値から差し引きします。

※1:正矢量とは、曲線の一部に対して「弦」を張り、「弦」の中央から曲線まで直角方向の距離をいいます。

水準狂い
image

水準狂いとは、左右レール間隔(新幹線:1435mm、在来線:1067mm)当たりの左右レールの高さの差をいい、曲線部でカントのある場合は、正規カント量に対する増減量をいいます。

軌間狂い
image

軌間狂いとは、軌間(左右レール間隔)の基本寸法(新幹線:1435mm、在来線:1067mm)に対する狂い量(曲線部では、基本寸法にスラックを加えた量に対する狂い量)をいいます。

平面性狂い
image

平面性狂いとは、軌道の平面に対する「ねじれ」の状態を表すもので、平面性狂いは一定間隔を隔てた2点の水準の変化量をいいます。
新幹線では、2.5m隔てた2点間の距離の水準狂いの差によって表され、在来線では、5.0m隔てた2点間の距離の水準狂いの差によって表されます。