2月12日(火)、「業務研究リバイバル発表会」がホテルアソシア静岡にて行われました。
 
 この催しは、鉄道施設技術発表会(全国大会)で当社が三連覇を果たした記念行事として、
過去の業務研究のうち、水平展開または応用することが望まれるテーマを皆で改めて聴講
することにより、「技術力の修得や研鑽の重要性」を再認識する目的で企画されました。
 
 当日はJRからの来賓のほかに、当社役員・幹部、浜松整備工場・各事業所の箇所長・総括指導員ら
総勢100余名が一堂に会し、当社の発表4件、JR東海の招待発表1件がそれぞれ当時の発表者により
繰り広げられ、質疑応答も大変熱を帯びたものとなりました。
 
 続いて、当社から日本コンサルタンツ㈱に出向中のT部長に、
「特別講演 ─技術修得の研鑽の意義・やりがいについて─」
と題し、貴重な体験談をお話し頂きました。
 
 発表者・講演者の皆様、ご協力有難うございました。聴講者の皆さんは、当日見聞きした内容を職場の
仲間達に積極的に展開し、自箇所の技術力アップにつなげていって下さい。
 
会場の様子_VGA.jpg≪会場の様子≫
 
 
白熱する質疑応答の様子_VGA.jpg≪白熱する質疑応答の様子≫
 
 
JR東海S社員による招待発表_VGA.jpg≪JR東海S社員による招待発表≫
 
 
T部長による特別講演_VGA.jpg≪T部長による特別講演≫


発表者を囲んだ記念撮影_VGA.jpg≪発表者・講演者を囲んだ記念撮影≫