沿革 1974~83年

支えるチカラ ~1分で分かる日本機械保線~ Flash

支えるチカラ ~1mmにこだわる編~ 動画

誇りと責任(企業理念)

キャリアプラン紹介

企業情報インデックス

事業計画
会社概要
役員
組織体制
業務機関
沿革
1964~73年
1974~83年
1984~93年
1994年~2003年
2004年~現在
会社案内ダウンロード

ホーム > 企業情報 > 沿革 > 1974~83年

1964~73年へ 1984~93年へ
■1974年(昭和49年)
5月1日    東海道新幹線名古屋地区における新幹線騒音問題に対応し、1頭式削正機によるレール削正作業を試行
image
■1975年(昭和50年)
3月1日    浜松整備工場を設置
3月10日    山陽新幹線(岡山~博多間)が営業を開始・マルタイによる定期修繕工事を開始。小倉軌道部を設置
■1976年(昭和51年)
1月17日    東海道新幹線柚木基地にてソ連式フラッシュバット溶接機によるレール溶接工事を受注
■1978年(昭和53年)
5月1日    名古屋市地下鉄のレール削正工事を受注
■1979年(昭和54年)
4月7日    福岡市地下鉄の建設にあたり設計・管理業務を受注
■1981年(昭和56年)
8月1日    資本金4000万円を8000万円へ
■1983年(昭和58年)
5月1日    国鉄浜松レールセンターの全面外注化に伴い、レール溶接作業を受注
1964~73年へ 1984~93年へ