会社情報

支えるチカラ ~1分で分かる日本機械保線~ Flash

支えるチカラ ~1mmにこだわる編~ 動画

誇りと責任(企業理念)

キャリアプラン紹介

企業情報インデックス

経営計画
会社概要
役員
組織体制
業務機関
沿革
1964~73年
1974~83年
1984~93年
1994年~2003年
2004年~現在
会社案内ダウンロード

ホーム > 企業情報

全てはお客様のために。安全で正確、そして快適で高品質な線路を提供し続けること。それが私たちの使命です。 代表取締役社長 市川公洋

創業以来、様々な役割を担い、技術の研鑽に努めてきました。

日本機械保線株式会社は1967年3月3日、高速鉄道の魁とされる東海道新幹線の軌道整備(線路の歪みをミリ単位で整正する)作業を専用の大型保線用機械を駆使して行うことを生業として産声を上げました。その社名からは、当時日本全国への展開が計画されていた新幹線網において、この業務を一手に担っていくことを標榜していたことが想像されます。その後、高速領域の軌道整備の技術を機軸に置きつつ、大型保線用機械のメンテナンス、レールに関わる業務全般(ロングレールの溶接・運搬、レール削正、レール探傷)、ドクターイエローに乗り込み線路の歪み等を測定する業務(軌道検測)、保線用車両運行の資格に関する業務、線路に関わる技術開発などその業務領域を拡大し、常に技術力の研鑽と業務の効率化に取り組んできました。また、JR東海のグループ会社になった1992年以降、東海地区の在来線においても順次同様の業務を積み重ねてきています。

高い技術力と誇りを胸にさらなる進化を目指します。

2017年3月3日創業50周年という大きな節目を迎えることができました。
時代がどのように変わっても、安全・正確・快適な鉄道の輸送サービスを支える高品質な線路を提供し続けることこそが不変の当社の使命です。それを具現化するのは高い技術力に裏打ちされた自らの仕事に対する誇りと責任です。
すでに次の50年に向けてのスタートが切られました。常に前を向き、留まることなく高みを目指すことで、50年、100年後も使命を果たし続けて行けるものと信じています。

社会へ技術力を発信し、さらに進化を目指す努力も。