レール探傷車・レール検測車

支えるチカラ ~1分で分かる日本機械保線~ Flash

支えるチカラ ~1mmにこだわる編~ 動画

誇りと責任(企業理念)

キャリアプラン紹介

業務内容インデックス

軌道検測
ドクターイエロー
ドクター東海
レール探傷車
軌道工事
マルタイ・道床整理車・道床安定作業車
レール輸送・レール削正
レール削正車(スペノ)
ロングレール輸送車
検査・修繕・製作
検査・修繕
製作
保線コンサルタント
技術開発サポート
会社案内ダウンロード

ホーム > 業務内容 > 軌道検測 > レール探傷車・レール検測車

レール探傷車・レール検測車

超音波でレール内部を検査

レール探傷車は、30~40㎞/h(在来線:15~20㎞/h)で走行しながら超音波を使ってレール内部の傷を早期に発見したり、レール表面の摩耗や凹凸状態を把握することができます。 レール探傷車によるレール検査は東海道新幹線で年2回(在来線:年1回)行われ、検査データはレールの交換や削正の計画に反映されています。

レール内部の把握しにくい傷も、レール探傷車によって検出できます。

image

レール探傷車(新幹線用)

image

レール検測車(在来線用)