ドクター東海

支えるチカラ ~1分で分かる日本機械保線~ Flash

支えるチカラ ~1mmにこだわる編~ 動画

誇りと責任(企業理念)

キャリアプラン紹介

業務内容インデックス

軌道検測
ドクターイエロー
ドクター東海
レール探傷車
軌道工事
マルタイ・道床整理車・道床安定作業車
レール輸送・レール削正
レール削正車(スペノ)
ロングレール輸送車
検査・修繕・製作
検査・修繕
製作
保線コンサルタント
技術開発サポート
会社案内ダウンロード

ホーム > 業務内容 > 軌道検測 > ドクター東海

ドクター東海

在来線の電化区間・非電化区間を問わず検測

1996年国内初の在来線用の軌道・電気総合試験車として誕生。1編成3両で、快速「みえ」に使用しているキハ75系気動車をベース車とし、営業列車と同等の速度で電化区間・非電化区間を問わず検測を可能としています。2005年には2編成体制となり1ヶ月に2回(昼間・夜間各1回)JR東海の在来線全線の検測を実施しています。

在来線を走るドクター東海。営業列車と同じ速度で検測をしている。

image
線路状態をリアルタイムで検測

検測したデータは、車上及び事務所のコンピュータで処理されます。車上で処理された線路状態をリアルタイムで関係保線区にメール及びFAXで報告し、保線作業に役立てられます。また事務所で処理された線路状態は関係保線区などで出力することが可能で、乗り心地向上のための線形整正などの保線作業に役立っています。

線路状態は、ディスプレイに波形表示されます。

image
image

走行中は、線路を様々な角度からDVDやHD(ハードディスク)に録画収録。日々変わる線路状態をリアルタイムでチェックしています。また収録した映像は、デジタル画像処理を行い、関係保線区へ報告します。

ドクター東海のデータは、マルタイで作業する線路の線形整正の基本となります。だから1つ1つの操作にも厳正なチェックを行っています。

image
Face of Operator

鉄道の安全に関わる業務、一つ一つ確実に。ドクター東海検測員 横澤 和也

ドクター東海のデータは、復元波形を用いたマルタイでの線形整正作業の基本となります。またJR東海の検査にも幅広く活用されていますので、日頃の点検や事前の機器のチェックを怠らないよう、心がけています。

横澤さんのインタビューはこちら
image
image